弱視斜視等の治療用メガネについて

治療用メガネは専門店がおすすめです

  •  

    お子様の治療用眼鏡に保険を適用することができます

     平成18年4月より、小児(9歳未満)の弱視、斜視、先天白内障術後の治療用眼鏡およびコンタクトレンズの作成費用が、健康保険の適用となりました。
    ただし、遠視や近視、乱視があっても、矯正視力や両眼視機能、眼位などに異常のないお子様が使用する眼鏡等に対しては、
    保険は適用されません。お子様が眼鏡作成を指示された場合、医師に「保険給付の対象となる治療用眼鏡であるかどうか」をご確認ください。
    また、申請した保険事業者の審査もありますので、申請すれば必ず適用となるということではありません。

  •  

    1. 眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書の写し
    2. 購入した「治療用眼鏡等」の領収書
    3. 療養費支給申請書 (加入している健康保険組合窓口等にあります)
    4. 保険団体によっては、購入した「治療用眼鏡等」の商品の詳細 (商品名、メーカー、メーカー所在)
    5. 口座番号と印鑑

    ・乳幼児医療の対象となる年齢のお子様の場合、市町村役場で支給申請する際に、各種書類のコピーの提出を求められるようです。
     保険者に書類を提出する前に、各書類のコピーを手元に残しておいてください。

  •  

    支給基準額については、児童福祉法の規定に基づき「弱視眼鏡(36700円)」「コンタクトレンズ(15400円/1枚) 」×1.03を支給の上限とされています。

    ・弱視眼鏡 36,700円 × 1.03 = 37,801円
    ・コンタクトレンズ(1枚につき) 15,400円 × 1.03 = 15,862円

    被保険者である私達は病院にかかった時と同じように三割(乳幼児医療適用の場合は二割)を自己負担しますので、私達に支払われる「実際に支給される額の上限」は上記の金額の七割(八割)になります。

    ・弱視眼鏡 37,801円 × 0.7(0.8) = 26,460円(30241円)
    ・コンタクトレンズ(1枚につき) 15,862円 × 0.7(0.8) = 11,103円(12,690円)


    また、支給されるのは常に「支給される額の上限」一杯ではなく、「実際に購入に要した費用の範囲内」になりまので、

    ・上限額37,801円未満の眼鏡を購入した場合には、購入金額×0.7円
    ・上限額37,801円以上の眼鏡を購入した場合には、一律 26,460円

    となります。

  •  

    5歳未満の小児の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が1年以上である場合
    5歳以上の小児の治療用眼鏡等の更新は、更新前の眼鏡の装着期間が2年以上である場合

    「装着期間」は、実際に眼鏡を装着していた期間ではなく、「前回の申請から経過した期間」になります。

  •  

    ・申請する場所

    加入している保険団体(健保組合・社保・国保・共済組合など)の窓口で申請します。もしわからない時は、健康保険証の表の一番下に、「保険者」として名前の表示がされています。
    申請に関する問い合わせや相談等は、こちらにすることになります。

    ・政府管掌健康保険にご加入の方:各社会保険事務所
    ・国民健康保険にご加入の方:市区町村の国民健康保険課
    ・健康保険組合にご加入の方:各健康保険組合の事務局


    ・保険申請の手順

    1. 作成される眼鏡やコンタクトが医療用眼鏡に該当する場合、眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書の写しをいただく。
    2. 眼科医の「治療用眼鏡等」の作成指示書の写しを元に、眼鏡店等で眼鏡(コンタクト)を作成し、領収書商品の詳細を発行してもらう。
    ☆乳幼児医療の対象になる場合のために、各書類のコピーも残しておいてください。
    3. ご加入の健康保険窓口で療養費支給申請書を記入します。また、口座番号と印鑑も必要になります。

    申請してから、保険団体から申請者の口座への入金は多少時間がかかります。

  •  

    治療用眼鏡・コンタクトレンズに保険が適用された場合、7割もしくは8割が療養費として支給されますが、お住まいの自治体の乳幼児医療が適用され、医療費が無料とされる対象の年齢のお子様である場合には、自己負担した3割(もしくは2割)が各自治体から支給されます。
    これにより、購入した眼鏡が支給上限額を超えなかった場合には、全額が保険負担されるということになり、私たちの自己負担は0となります。(支給上限額を超えた分につい ては自己負担となります。)

    ただし、すべての自治体が乳幼児医療の医療費無料となるわけではありません。
    乳幼児医療が適用するかどうかは、お住まいの自治体にお問い合わせください。

    ・申請する場所

    お住まいの市町村の、乳幼児医療や母子保健などの窓口(市町村役所、施設内)


    ・申請の手順

    申請の前に、各保険団体から申請者の口座への入金が完了すると、支払い通知書が届きます。
    その支払い通知書提出が届いてから、申請になります。

    1. 保険団体に申請した時使用した各書類のコピー通帳と印鑑、保険団体からの支払い通知書を用意する。
    2. お住まいの乳幼児医療や母子保健などの窓口で、療養費支給申請書を記入する。

    お住まいの自治体からの、申請者の口座への入金も多少時間がかかります。

    これで、治療用眼鏡等の保険申請は終了になります。

    この制度によって、多くの患児の皆さんが経済的負担を軽減でき、より治療に専念出来きるようになりました。

  •  

    治療用メガネは、お子様が一日中装用するものです。
    つねにメガネを正しい位置にかけなければ、網膜に正しい像を映すことが出来ません。

    幼児用の治療用メガネに求められる条件と、選ぶポイントは…。

    ・安心、安全な素材

    活発で元気なこども達は、ぶつかってメガネを曲げたり、壊してしまうこともあります。
    メガネを掛けたり、外したりする時に広げてしまうこともあります。
    また、アレルギーがあるお子様には、アレルギーフリーの新素材を使用したフレームもありますので、安心してお使いいただけます。
    当店では、フレームの素材が形状記憶合金や、弾力性のある樹脂の素材をおすすめいたします。

     


    ・メガネがズレ落ちない


    メガネがズレ落ちてしまっては、治療用メガネとしての機能を失ってしまいます。
    運動してもできるだけメガネが、ズレ落ちないフレーム設計であることが大切です。

     


    軽量であること

    お子様のお鼻や耳にかかる負担をできるだけ軽くして、メガネを掛ける事がイヤにならないようにしてあげたいですね。
    フレームの重量が10g以下のものからあります。
    度数(遠視、遠視性乱視)によってはレンズを普通に注文して作成すると、厚くなって重くなってしまいます。このような時は薄型特殊加工で、レンズの厚さと重さを薄く軽く仕上げることができます。



今は幼児用のメガネフレームが増えてきました。ふれーむの素材や設計、デザイン、さまざまあります。
たくさんあるフレームの中から、当店おすすめのフレームをご紹介いたします。

 


スイスフレックスキッズ (スイス製)

 

ネジ・金属パーツを一切使用しないクリップ連結構造。
フロント・テンプルは超軽量ながらも変形しにくい、超弾性樹脂マイクロクリスタンポリアミドを採用。
耐衝撃性にも優れ、アレルギーフリーなので、お子様に最適な安心・安全設計です。
サイズ・カラーバリエーション共に豊富で、お好きなフレームカラ-・レンズフォームを選んで、自分だけのメガネが出来ます。


タンバリンキッズ (韓国製)

 

弾力性に優れた素材を使用しているので、たとえメガネをぶつけても、すぐにもとの形に復元します。
スイスのEMS社が開発した「TR-90」というナイロン樹脂を使用しています。これは医療器具や哺乳瓶などにも使用されています。
また、メガネをさらにフィットしたい場合、ズリ下げ防止用として、専用バンド(別売)もございます。